上田麗奈キャラクター代表作(カナヲ・シュカなど)【うえしゃま】

声優さん関連

「ハナヤマタ」のなる
「ダーウィンズゲーム」のシュカ

さらには「鬼滅の刃」のカナヲ役でも
話題になった上田麗奈さんですが、

この記事ではそれ以外にもおすすめの
キャラクターたちを紹介していきます。


スポンサーリンク

上田麗奈おすすめキャラ

それではキャラクター紹介に入ります。



紹介しているキャラのアニメを見返したい場合、
このブログではAmazonプライムビデオか
dアニメストアをおすすめしています。

気が向いた方はいかがでしょうか。

>>Amazonプライム登録ページ
>>2300作品のアニメが見放題!【dアニメストア】



ハナヤマタ(関谷なる)

出典:Amazon

「みんなで何か作るって
 こんなに楽しいことなんだね!!」


トップバッターとして紹介するのは、
よさこい青春アニメ「ハナヤマタ」より
主人公関谷なるです。

上田さんがアニメ初主演となった
作品ですね。


僕は放送当時、上田麗奈さんを
認識できていなかったのですが、、

今聞き返してみると、
なるが少しずつ成長していく姿と、
上田さんが初主演で初々しい感じ

どこかマッチして、微笑ましくなります。


久しぶりにきちんと見返してみても
おもしろいかもしれません。


クロムクロ(ソフィー)

出典:TVアニメ「クロムクロ」公式サイト

中の人と作品は富山繋がりです。

続いての紹介は、
SFロボットアニメ「クロムクロ」より、
フランスからの留学生ソフィーです。

最初は主人公たちと仲が良くありません
でしたが、しばらく行動を共にするうちに
徐々に和解していきます。

マジメで義理堅い性格の子で、
戦闘ではとても頼りになる存在でした。

後半やや出番が少なかったですが、
個人的にはお気に入りのキャラでした。



余談ですが、このアニメの舞台は
P.A.WORKSの本社と同じ富山にあり、
上田麗奈さんの出身地も富山です。

そういった意味でも不思議な繋がりがある
作品になっていますね。


サクラクエスト(四ノ宮しおり)

出典:Amazon

富山繋がりパート2。

町おこしをテーマにしたお仕事アニメ
「サクラクエスト」では、地元の
環境協会に勤める、四ノ宮しおり役を
演じました。

おっとりした性格と、ゆったりした話し方で
聞いていてとても癒されました。



しおりさんと言えば、何といっても口癖の
「だんないよ」が印象的ですが、
こちらは富山弁で「大丈夫・問題ない」
といった意味です。

上田麗奈さん自身も富山出身なので、
この役には思い入れが強かったようです。


ロード・エルメロイII世の事件簿(グレイ)

ベルファイン ロード・エルメロイII世の事件簿 – 魔眼蒐集列車 Grace note – グレイ 1/8スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア
created by Rinker

「古き神秘よ、死に絶えよ。
 甘き謎よ、ことごとく無に帰れ」


Fateの派生作品であり、
Fate/zeroと同じ世界線となる
「ロード・エルメロイII世の事件簿」では
エルメロイⅡ世ことウェイバーの弟子、
グレイを演じています。

自分から話すことは少なく
儚げな雰囲気のキャラですが、
ふとしたときに見せる表情がかわいく、
戦闘のときはかっこいい一面も
見せてくれます。


鬼滅の刃(栗花落カナヲ)

出典:Amazon

「どうでもいいの。全部どうでもいいから
 自分で決められないの」


「鬼滅の刃」でも、花の呼吸の剣士、
栗花落カナヲ役で出演されています。

蜘蛛山の戦いの後、重傷を負った炭治郎と
出会い、訓練の相手となります。

炭治郎とのコイントスのやりとりでは、
心の成長も描かれていましたね。


上田さんの演技では、カナヲの儚げな
イメージが繊細に表現されていましたが、

次回以降、戦いのシーンなどでは
どのように演技が変化していくのか、
今から楽しみです。


恋する小惑星(鈴矢萌)

出典:Amazon

「別に怒ってないですー。みさ姉があおを
どう思おうと気にしないですー。」


地学部を舞台にしたほのぼの青春アニメ
「恋する小惑星」より、
主人公みらの幼なじみ、鈴矢萌(すず)です。

みらのことと、その姉のみさのことになると
興奮して頭のネジがぶっとぶヤバい人です。

その姿は完全に不審者、もといただの変態です。

ある意味主人公以上にインパクトを残した
存在だったかもしれません・・・。



ダーウィンズゲーム(狩野朱歌)

出典:Amazon

「カナメがやりたいようにやればいいんだよ。
私はそれについていくから」


デスゲームに巻き込まれた主人公を描く
「ダーウィンズゲーム」では、
主人公と共に戦う仲間、狩野朱歌(シュカ)
担当しました。



頭脳戦がメインになることが多い戦闘ですが、
シュカの能力は「紐状の物体を自在に操れる」
というもので、メイン武器の鎖以外にも、
色々と応用が利く能力となっています。



普段は他人に興味がない残酷な性格ですが、
主人公のカナメの前ではデレデレになるという
古き良きツンデレキャラクターです。



おわりに(オススメ記事)

最後までお付き合いいただき
ありがとうございました。

他にも声優さんの記事を書いていますので
興味のある方は、そちらもご覧ください。

この記事を見たあなたにはこちらも!
>>「推せる!」女性声優ランキング トップ30

>>女性声優おすすめ写真集【2021年更新】

>>絵が上手い声優・画伯と呼ばれる声優まとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました