プロフィール・ブログ立ち上げのきっかけ

Uncategorized

プロフィール・経歴

初めまして! ポットラと申します。
30代(男)です。

会社に入ってから、
ここまで10年ちょっと働いて来ましたが、
毎日会社に行くことがあまりに辛くて、

「もしかして自分は会社員に向いてないのでは・・・?」

と思い、他の生き方を考えるようになりました。

その後、「ブログの運営を仕事にしている」人達の存在を知り、
自分はこっちの方が向いている!と思い、
このブログを開設しました。

このブログでは

  • 会社で働く上での悩み解決
  • 趣味であるゲーム・アニメ等の記事
  • ブログ作成・収益化の体験談

などを発信できたらと思っています。

仕事では、電話でのサポート業務
一番長くやっていたので、
その分野をメインに発信していきます。

ブログを始めるまでのいきさつ ~会社に入ったとき~

学生時代、特に夢があるわけでもなく、
何となくみんなと同じように就職活動をして、
IT系の会社員として働き始めました。

当時の私は、IT系の会社に
「黙々と自分の仕事を毎日こなす」
イメージをしていたのですが、

大間違いでした。

  • 電話対応
  • 大人数での会議
  • お客様との会話

などなど、挙げればきりが無いですが、
人とのコミュニケーションが非常に多かったのです。


人と関わることが以前から苦手だった私は、
入社してすぐに打ちのめされました。

それでも、
「辛いのはみんな同じだろう」
とか

「しばらく続ければきっと慣れる」
などど考えるようにして、
どうにか働いていました。

ブログを始めるまでのいきさつ ~10年間働いて異動を経験~

どうにかこうにか、辛いことはありながらも
10年間近く働いて、

電話対応はどうにか克服しました。
部署の人との関係も良く
お客様とも対等に会話できることが増えてきました。

「意外とこのまま働いていけるかもしれない」

とぼんやり思っていたころ、
会社に入って初めての「異動」を経験しました。
自分の希望とは関係のない異動でした。

これが大きな転機になりました。

異動先の上司は、
とにかく、すぐキレる人でした。

誰にでもキレる人でした。

おかしいところを、わざわざ自分で探してでも
キレる人でした。

自分ではどうにも出来ないことはすぐ分かりましたし、
他の人も
「気にするだけ無駄だよ」
という感じで、気にしていない風だったのですが、

私はここで絶望しました

今まで積み上げてきたものが
すべて崩れていく音がしました。

周りの人との関係
また作り直さないといけない。

業務内容も、今までとは全く違う分野で
一から勉強し直さないといけない。


こんなことを何度繰り返せば
良いのだろうか・・・

今までまともに働いてこれたのは、
運が良かっただけなのかもしれない。

そう考えるようになり、この異動をきっかけにして
会社で働くということが、急に怖くなりました。

さらに、この部署では
24時間動いているシステムの保守担当だったため
異常が発生すると、
休日・夜中にも連絡が来る可能性がありました。

そのため、休みの日でも、寝るときでも
「電話が来るかもしれない・・・」
という考えが常に頭の片隅にあり、
気の休まる時が全くありません。

そんなこんなで、ストレスがマッハな日々を過ごしていました・・・

そして・・・ブログとの出会い

最初は、別の会社へ転職することを
考えました。

でも、異動が無い会社なんて
そうそうありませんでしたし、
「どこで働いても結局一緒なのでは・・・?」
と考えるようになりました。

さらにそこから悩んで悩んで、色々と考えた結果、


「一人でやれる仕事を探せば良いんだ」
という考えにたどりつきました。

これなら人間関係にも縛られないし、
積み上げてきた経験も無駄にならない


そこからさらに色々探した結果、

ついに・・・
「ブログで食べていく」
という考え方を知ることが出来ました。


ブログを選んだ一番の理由は、
「自分の経験が一つも無駄にならない」
ことでした。

会社の異動先では活かせなくなった
スキル・知識でも、
ブログで発信すればみんなに見てもらえる

自分の経験が誰かの役に立つ。
そんなところに魅かれました。

誰かの役に立てるブログライフを目指して、
これから頑張っていきますので、
どうかよろしくお願いします!


随時更新:現在の近況はこちら



最後に謝辞を。

↓ブログ立ち上げのきっかけになったサイトはここでした↓
hitodeblogさん
https://hitodeblog.com/

本当にありがとうございます。
立派なブログを作って恩返ししたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました