『物語シリーズ』オーディブル版の各巻感想と担当声優一覧

声優さん関連

2021年2月より、1冊/月ペースで配信が続いている
Audible(オーディブル)版『物語シリーズ』。

アニメ版のキャストが代わる代わる朗読を担当
しているので、これは聴いておかねばと思って
購入をしました。

最初に全体通しての感想を書いた後、担当した
声優さんごとの感想
を個別に書いていきます。


購入を迷っている方は参考にしてみてください。

オーディブル版『物語シリーズ』全体の感想

「良かったところ」「悪かったところ」
を分けて、それぞれ書いていきます。

良かったところ

  • アニメ版キャストが朗読を担当
  • 1対1の会話が多いので誰のセリフか分かりやすい
  • 1冊あたりの時間が長い

何と言っても、アニメ版の声優さんが朗読を
してくれる
のが一番嬉しいですね。

アニメ化している作品でも、その出演声優が
オーディブルに登場するのは意外とレアですが、
物語シリーズは、今のところ全巻アニメ版の
キャストが朗読を担当しています。


続いて、オーディブルで良くあるのが
(1人で全員分のセリフを読むので)
誰のセリフをしゃべっているのか分からなく
なりやすい、というもの。

一方、物語シリーズは1シーンに多くても3人
程度しかキャラクターが出てこない
ので、
誰が話しているかの区別がしやすいです。

地味に嬉しいポイントですね。


最後の良かったところは、分量が多いこと。

1冊あたり平均で10時間程度の長さがあるので、
たっぷり楽しめてかなりお得です。

会員登録せずに普通に買うと1冊3,000円以上
するので、登録してコインで買ったほうが
良い
ですね。

オーディブルの登録方法や料金が知りたい方は
>>オーディブル使い方(登録・買い方・解約方法)


悪かったところ

  • 文字による言葉遊びが伝わりづらい
  • 声優さんが担当するキャラの出番が少ない

原作を読んでいる人は分かると思いますが、
西尾維新作品には、文字を読まないと伝わらない
ような言葉遊びが頻発
しています。

「その言葉の『往来』はオーライじゃない」

など、声で聴くだけだと一瞬「ん?」と
なりそうな文章が度々出てきます。

そのため、物語シリーズ初見の方には少し
難易度が高そう
です。

基本的には原作を本で読んでいる方か、
アニメ視聴済みの方の購入を推奨します。

(ちなみに「浪白公園」は「なみしろ」と
読んでネタバレは避けていました)


もう1つ残念なのは、声優さんの担当キャラが
全体的にあまり出てこない
ということ。

別のキャラをどう演じるかというのも
逆に1つの聴きどころではありますが、
せっかくなら傷物語を坂本真綾さんに担当して
もらうなどして欲しかった気はします。


声優別感想:神谷浩史


化物語 上

担当巻:化物語 上

おすすめ度:★★★★★

ひとこと感想
・まるでアニメの音声を聴いているよう
迷ったらこれを買えば間違いない

聴きどころ
他のキャラの名言を言う阿良々木さん

最初の紹介は、阿良々木暦役の神谷浩史さん。

アニメでもナレーション部分を担当している
だけあって、フィット感は段違いです。

記念すべきシリーズ1作目でもありますし、
迷ったらこれを買っておけば問題無いでしょう。


さすがに女性キャラのセリフは苦しいものの、
「何でもは知らないわよ、知ってることだけ」
「話しかけないでください。あなたのことが嫌いです」

など、他のキャラのセリフをしゃべっている
阿良々木さんも、聴いていて楽しいです。


声優別感想:加藤英美里


化物語 中

担当巻:化物語 中

おすすめ度:★★★★☆

ひとこと感想
・ナレーションは大人っぽい雰囲気
・キャラは本家にけっこう寄せている

聴きどころ
阿良々木さんと八九寺の会話

続いては八九寺真宵役の加藤英美里さん。

担当回である「まよいマイマイ」が上巻で
終わっている
のが残念なところですが、
「するがモンキー」の序盤でも、阿良々木さん
との「失礼、噛みました」から始まるくだりが
楽しめます。



ナレーションには真宵っぽさが全く無く、
非常に落ち着いた雰囲気で聴きやすいですね。

「するがモンキー」のバトルシーンなどは
けっこう迫力もあって良い感じです。


声優別感想:斎藤千和


化物語 下

担当巻:化物語 下

おすすめ度:★★★☆☆

ひとこと感想
・ほぼ100%戦場ヶ原ボイス
・ガハラさん推しなら星5つ

聴きどころ
阿良々木さんのマネをするガハラさん
ブラック羽川の早口言葉シーン

次の紹介は、戦場ヶ原ひたぎ役の斎藤千和さん。

キャラによって声を変えてはいるものの、
ナレーターも含めてガハラさんの雰囲気が
かなり強い
です。

そのため、ナレーションからやたらに圧を
感じる
朗読になっていますが、ガハラさんが
朗読していると考えて聴けば、幸せになれる
かもしれません。


アニメでかなり話題になったブラック羽川の
早口言葉なども含まれており、注目シーンが
けっこう多めの回
でした。


声優別感想:井上麻里奈


傷物語

担当巻:傷物語

おすすめ度:★★★★☆

ひとこと感想
・ナレーションは老倉(デレる前)の雰囲気
・キャラの声はかなりガチ演技

聴きどころ
男女キャラ問わない演技の幅広さ

傷物語の担当は、老倉育役の井上麻里奈さん。

老倉の出番は残念ながらありませんが、
役の幅が非常に広い声優さんなので、
他のキャラの演技も安定感があります。

ちょっとやりすぎじゃないかと思うぐらい
気合が入っていて
、引き込まれますね。


シナリオの影響もありますが、ナレーションは
巨人が攻めてきそうなぐらいシリアスな感じ
なので、気合を入れて聴いてください。


声優別感想:櫻井孝宏


偽物語 上

担当巻:偽物語 上

おすすめ度:★★★★☆

ひとこと感想
・忍野が話すような落ち着いた雰囲気
・女性キャラもけっこう頑張っている

聴きどころ
監禁される阿良々木さん
セクハラする阿良々木さん

偽物語上巻は、忍野メメ役の櫻井孝宏さんが担当。

ナレーション部分は、ほぼ忍野ですね。
かなり落ち着いた雰囲気になっています。

対して、女性キャラも多く登場するセリフ部分は
一人一人差をつけながら朗読している
のが
よく伝わってきます。

ガハラさんに監禁される阿良々木さんや、
真宵のパンツを脱がそうとする阿良々木さんの
シーンなどは必聴です。


声優別感想:坂本真綾(発売前)


偽物語 下

担当巻:偽物語 下

2021年7月発売予定

発売後、聴いたらまた書きます。


オーディブル版『物語シリーズ』感想まとめ

とりあえず、アニメファン・声優ファンは
間違いなく買い
ですね。

これだけ長時間、声が聴けるというだけでも
1コイン分(1,500円)の価値はあります。

毎月1冊ずつのペースで新刊が発売されるので、
コインの消費にもちょうどいいです。

今のところは毎回違う方が担当している
朗読ですが、今後はどのようになるのか
楽しみに待ちたいと思います。

物語シリーズ以外のおすすめ作品はこちらから
>>
オーディブルで聴ける声優一覧とおすすめ作品

コメント

タイトルとURLをコピーしました